水漏れ修理の方法として有効なのは?

水漏れの原因として考えられるものの一つに蛇口の老朽化があります。蛇口の根元の口金が緩み、そこから水漏れが起こることが良くあります。自分で蛇口を購入して付け替えることも可能ですが種類が多岐に及ぶため業者に選んでもらい取り付けることが修理の近道です。依頼する前には蛇口交換の方法と手順を念のため確認しておくことも大切です。

■止水栓を閉める

まず、重要なのは止水栓を閉めることです。栓を閉めずに蛇口 交換を始めると蛇口を外した時に一気に水が噴出します。当たり前のことですが、蛇口は栓を開け閉めすることで水を出したり止めたりする装置です。交換の際に蛇口を外す時にその事を忘れると大きなトラブルになりますので注意しましょう。



■古い蛇口を外して配管内部を掃除する

止水栓を閉めたら古い蛇口を外します。外した後に、配管内部を掃除しします。配管内部には汚れが付着していてこれを取り除くことで水の流れを良くし、詰まりを抑えて水漏れの原因を排除するようにします。細かい部分ですので使用済みの歯ブラシなどで掃除すると効果的です。




■まとめ
掃除が完了したら新しい蛇口を取り付け根元からの水漏れを抑制するためにシーリングテープで補強しましょう。蛇口 交換方法は順序とその口に合う蛇口の選定が重要になります。修理を自分で行っても部品の取り付け方に間違いがあったり止水栓を閉めずに作業すれば二次的被害が生じますので事前にしっかり準備しましょう。そして、取り付けに自信の無い場合は無理をせず業者へ相談する方が無難です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ