水漏れ修理はまず慌てないことが肝心

水漏れ修理はまず慌てないことが肝心 ご家庭における水回りのトラブルは急に発生すると慌ててしまいます。水は生活には無くてはならないものであるためトラブルとなるとどうしていいか分からなくなりパニックになってしまうことが考えられます。家庭の中で発生する可能性のある代表的なトラブルを事前に知っておくことで少しは問題を解決したり水道 修理などで慌てることが軽減されます。どのようなトラブルがあるか確認しておきましょう。


■水漏れ

水回りのトラブルの代表と言えば水漏れです。キッチンやトイレ、洗面台、お風呂と水を使う場所は多く存在します。一度水が漏れると大変です。初めは少量の水漏れですが放置していると取り返しのつかない大量の水が溢れだします。原因は様々ですが、蛇口のパッキンの破損も一つの要因です。他にも長年の使用による経年劣化が原因のこともあります。水漏れは特別なトラブルではなくいつでもどの家庭でも起こり得る身近なトラブルなので注意が必要です。最初の段階ですぐに対処すれば個人でも修理が可能なので早めの対応が肝心になります。軽微な漏水であればゴムパッキンを自分で交換することで水道 修理は可能です。しかし、蛇口接合部の老朽化や錆が原因の漏水の場合、根本原因を突き止めるのは素人では難しくまた修理も容易ではありません。プロの業者に速やかに依頼をかけましょう。

■詰まり
詰まりもよく発生するトラブルの一つです。洗面台は朝の身支度を整えることが多く歯磨きや洗顔、髪の毛をセットしたり乾かしたりという日常で頻繁に水を使う場所でもあります。排水口に髪の毛やヘアピン、歯磨き粉のキャップなどが流れ落ちて排水管の詰まりが起こります。極度に詰まりが酷くなると完全に水が流れなくなり、排水管からの水漏れを起こします。
髪の毛は一日に100本近く抜け落ちると言われていますので家族が多ければその分、詰まりが起こりやすくなります。急に流れが悪くなるわけではなく、徐々に蓄積して詰まりが起こるので軽微なうちに掃除を行い、少しでも流れが悪くなったと感じたら業者への依頼を行うことが必要です。
詰まりが原因の水漏れがトイレなどで発生すれば汚水が溢れて収拾がつかない事態に発展しかねません。日頃からの手入れと掃除を十分に行い不具合は早めに対処しましょう。

■水の出が悪い

単純に止水栓と言われる水の出を調整するバルブが何らかの影響で閉まっていることが原因のことが多くありますので、まずはそこを確認します。止水栓は手回しのできる形状のものとマイナスドライバーで回すタイプのものが有りますが、どちらも簡単に回すことが出来ますので確認しておきましょう。
止水栓の影響ではなく水の出が悪い場合は水を蛇口まで送る給水管が詰まっていることが考えられます。給水管は素人では直せませんので業者への依頼が必要になります。また、給水管の詰まりにより蛇口まで水を送ることが出来ずに途中で漏水が発生してしまうことがあります。こうなってしまうと自分では修繕は難しいので速やかに修理業者に依頼しましょう。

■まとめ
水回り関連のトラブルは多々ありますが、最終的には水漏れを引き起こし大きな問題に発展してしまいます。トラブルが起こる前に水回りの掃除をこまめに行うのはもちろんのこと、いざというときに水道 修理を依頼する業者の選定をしておくことも肝心です。水漏れが発生してしまうとマンションの場合だと階下にまで水漏れ被害を引き起こし、ご近所トラブルにまで発展してしまう可能性があります。まずは慌てずに止水栓を止める等の自分でできる対策を行い、業者が駆け付けるまでに被害を最小限に止める対応をしましょう。
水漏れ修理は如何に初動を素早く取れるかで被害の大小が決まります。水道業者の連絡先などは見やすい所に掲示しておくか携帯にアドレス登録をしておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース